「わたしたちと一緒に社会に役立つシステム作りをしませんか」

私は工業高校の電気科を卒業して、システム開発の仕事に従事することになりました。
電気工事の仕事は、高い所での作業があるので断念して、教育実習でちょっとかじったプログラム作成の道へ進みました。
入社した会社は、新人研修に力を入れていてシステムエンジアとして仕事をする基礎を作っていただきました。
システム開発の仕事が本当に向いているかと不安になり税理士や司法書士の勉強をしたことがあります。
システム開発の仕事を続けているうちに、作成したプログラムが本番運用となるまで多くの仲間と努力して完成させることが楽しくなりました。
このシステム開発と言う仕事は、私の適職となりました。

バブル期のシステム開発会社は教育もしないで現場に出しお客様からお金をいただき、若い人を作業ワーカーとして使い潰している業界でした。

私は、しっかりと教育を行って現場に出すことを目的に平成3年にウイングシステムを設立しました。(司法書士の勉強が役立ちました。)
システム開発は、技術者一人一人の努力の結果としてシステムが安定稼働することができます。
社員をしっかりとした人としての教育や技術者教育、業務基礎教育(簿記、原価計算)をし、仲間として仕事ができる人を育成します。

成長したいと想う人を、ウイングシステムは歓迎します。

あなたの成長は、会社の成長です。

わたしたちと一緒に社会に役立つシステム作りをしませんか
株式会社ウイングシステム
代表取締役社長 長谷川 忠志


個人情報保護方針について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報の取扱いを適切に行う企業として、「プライバシーマーク」の使用を認められた企業です。